「ヨコヤマさんに私も感謝したい」

 毎日新聞きょうの23面「みんなの広場」から全文を引用させて貰う。
見出しの投稿は「無職 横山節哉72(福島県郡山市)」という方。
 10日の本紙(毎日新聞のこと)「運転手が救いの手」の記事に泣いた。
 埼玉県の中3少女が石川県輪島市にある日本航空石川高校受験に向かった。途中、大雪で長岡駅から先が不通で立ち往生。受験を断念しかかるが、同行の母に励まされ、ヒッチハイクをしてでも行くと決心する。深夜の雪道で通りかかる車を止めようとするが、誰も応じない。明け方、給油中の大型トラックを発見、駆け寄ってお願いする。中3の娘を持つという運転手は「神戸まで行くが、途中の金沢までなら」と乗せてくれ、金沢に着くや、「輪島まで行っちゃる」と遠回りしてくれた。試験にはぎりぎりで間に合った。
 この記事を読み終えてもしばらくは紙面から目を離すことができなかった。日本にはヨコヤマ運転手のような人がいることを知り、まだまだ人間を信じてもよいのだと心底思った。ヨコヤマさん、ありがとう。

 わたしも10日の記事を見ている。涙までは出なかったが読んでいい気持ちになった。バンクーバー 腰パン国母 8位とかそんな記事より遙かに遙かにニュース価値は高いとわたしは思う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-02-25 07:52 | ブログ
<< 大岡昇平『少年 ある自伝の試み... 篠田正浩監督『暗殺』を見てきた >>