雑誌「新潮」3月号(2月6日発売)を図書館から借りてくる

 先月新聞の広告を見たとき、おもしろい企画だと思った。題して100年保存大特集 小説家52人の2009年 日記リレー。950円出して購入するのがおしくて1ヶ月待った。しみったれていますでしょ。
 早速はじめから3人分を読んだ。トップバッターは大江健三郎。さすが大江。読ませる。2番目。金原ひとみ。顔が分からない。どうせ美人でないことはたしかだろう。一読、このタイプの女は嫌いだ。スキップしようかと思ったが我慢しておしまいまで読む。今後この女の書くものはすべてに目を閉じようと決めた。3番目。島田雅彦。どうもニューヨークに住んでいるらしい。 カッコいいですね。この人の顔がやはり思い浮かばない。何か読んでみようという気持もおきてこない。
 日記風に言えば3人目まで読んだら空腹を覚えた。下品な金原ひとみの真似をして「昼飯を食う」ことにする。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-03-09 11:51 | ブログ
<< 「小説家52人の2009年 日... 大岡昇平『現代小説作法』(第三... >>