「みんなで映画が作られる」というのは幻想であった

 ブログで知り合った仲間と映画が撮りたい、というのは幻想だった。看板を替える。少なくともブログ(もしくはインターネット)上では女優は探せない。(プロデューサー、監督、シナリオライター、スタッフ(撮影、照明、美術、録音、編集など)発掘の未練はまだほんの少しだがもっている。だが、もう期待はしない)
 女優がどうしても必要になったときはわたしは旧来どおりのやりかたでいくつかの俳優事務所に声をかければそれで済む。ブログでのいい出会いなどあるわけがないとわたしは思い知った。「みんなで映画を作ろう」という夢をわたしはきょう限り棄てる。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-09-18 08:09 | ブログ
<< これでゆっくり読書ができる 本多信一著『食べていくための自... >>