ヒロインのキャラクター

 知り合いの女性からメールを貰った。それについて応答した。1部分をメモとしてここに残す。
> か中途半端になってしまいました
 中途半端にならないためには身長とか体重とか靴のサイズとか、
名前(薫子でいいのではないか? )など決めてかかること。
 158センチと164センチでは印象がかなり違う。体重も48キロにす
るのか50キロ台とではそうとう違う。
 どこどこで生まれ育ち、家族、学歴なども決める。中州のママの
事件は面白くない。氷の微笑もダメ。谷崎潤一郎の本。せっかく自
分で取り寄せたのを渡したがどうせ読んでいないのだろうが、痴人
の愛のナオミくらいは知らないと、キャラクター作るのにつねにず
れが生じる。俺はほんとうはその辺にいない女をリアルに描いてみ
たい。実在する女をもってくればリアルになるというのは間違い。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-09-20 05:53 | ブログ
<< 番外・自由業は適性次第 わたしはなぜ生きているのか? >>