主人公「おちか役」のキャラクター

> 容姿に関しては自分自身を反映させた方が考えやすい。
 それでいい。
> 身長は165cm 体重は45㎏。
 身長は163センチでどうか? 体重48キロ?
> 獅子座の生まれ。年は30前後。
 なぜ獅子座か? 年齢は決めてしまうこと。
> 炭坑の田舎町で生まれ育った。学歴はお嬢様学校の短大卒。
> しかし、お嬢様学校には結局馴染めなかった。馴染もうとは
> した。母は父親の愛人だった人。父親に会った事はない。
> ただ、どんな人であるかは知っている。
> 腹違いの兄がいる。
> 母子家庭で育ち、父親の愛情を知らない。
> 高校の時に腹違いの兄の存在を知る。兄は金銭的な援助を彼女
> にする。それで短大にも行った。
> 父親に格別恨みをいだいているわけでもない。
> 援助をしている兄に感謝しているわけでもない。
 「高校の時に腹違いの兄の存在を知る」とあるが、わたしは知り合う時期が遅すぎはしないかとメールで指示をした。
> 名前は、薫子の子を外して「薫」が良いかもしれません。
 では「カオル」ではどうか?
> 男二人がどのようにして彼女に出会い、惹かれてしまったのか
 これはストーリーに関わることなので、このブログに載せるのはだいぶ後になる。しかしキャラクターを考えながら同時並行で「話」も作らないと、モグラ叩き(ゲーム)になる。この点についてもわたしはメールで案を言っておいた。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-09-21 08:51 | ブログ
<< 『五辨の椿』と『エレクトラ』 わたしに映画監督の適性はあるのか? >>