五味康祐『スポーツマン一刀斎』(大衆文学館、講談社)を読む

 みょうな巡り合わせでこの本を知った。枕元に「別冊 文藝春秋」創刊200号記念号(平成4年(1992年)夏)をだいぶ前から置いて寝ている。同誌掲載の郡司勝義『藤の花のころ ─小林秀雄の思い出─』を読みたいからである。何度読みかけても、なぜかわたしには読みづらく、途中でほうりなげてきた。と言ってこの雑誌をすてる気にもならず、邪魔だが、放りっぱなしにしてあった。数日前、少し酔って読み始めると、これまでになく入って行けた。同誌503ページに、ちょっとそそられる件(くだり)がある。
 五味康祐が、実在の女優の名前を使って、『スポーツマン一刀斎』を週刊誌に連載した。名前を使われた方の女優の猛反撥によって、「色道修業の巻」のみで終ったが、狂言廻し訳がこの老人に与えられたのであった。
 「この老人」とはなんと小林秀雄の叔父さん。設定は「架空の人物」と書いてある。なんのことやら、さっぱり解せない。郡司勝義という人はどういう人か知らないが、わたしが「読みづらく」感じたのは、こういう書き方に違和感を覚えるからだ。でも、そんなことはどうでもいい。「名前を使われた方の女優の猛反撥」というのにミーハー心をくすぐられて『スポーツマン一刀斎』を手にしたという訳だ。
 巻末の「収録作品解題」からはじめの部分を引用。
 『スポーツマン一刀斎 色道修業の巻』は、昭和三十一年十一月から翌年五月にかけて「サンデー毎日」に連載されて未完に終わった。その年の八月に「小説新潮」に完結編が発表され、九月に新潮社より刊行された。
 わたしは途中まで(週刊誌の連載分か?)ゲラゲラ笑いながら読んだ。終りの方は、失速してつまらないが、たぶん「完結編」であろう。ともかく大半はとてもおかしい。どんな女優が登場するか、だって? それは内緒。最後に余計なことを付けたすと、わたしも故・石沢英太郎の推理小説に、名前だけだが1度登場したことがある。題名は失念した。(たぶん家を探せばある)
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-05-20 18:48 | ブログ
<< 菊池寛『籐十郎の恋』はいい小説だ 週刊新潮「朝日新聞阪神支局襲撃... >>