拉致問題と沖縄、ついでにワールドカップ

 カメルーン戦に勝ったくらいで浮かれている民衆を見ていると、わたしにはこの国の将来が思いやられる。民度が低い、と呆れざるを得ない。
 どういうことかと言えば、北朝鮮に拉致された人々がいるのに日本という国は本気で、取り戻そうという気はあるのか。人ひとりでも拉致されると、軍隊を動かしてでもその人を取り返しに行くというのがわたしには普通の国と思えるのだが、日本および多くの日本人にはその気があるとは思えない。
 沖縄問題。米軍の基地が75パーセントも沖縄県に集まっていると言うではないか。原則を言えば日米安全保障条約を破棄して日本は自主防衛の国に生まれ変わるというのが筋である。その上で国内のどことどこに基地を置くという国民的な議論をすべきときがもうとっくに来ているのに、あいもかわらず、沖縄をトカゲのしっぽにしたままで平気という国は世界中で日本だけではないのか。民度が低いという所以である。
 本物の軍隊を持ち、直近で戦争を経験している国もワールドカップに参戦しているだろう。こういった国々に、日本が勝てるわけがない。サッカーはたしかにゲームである。しかし、生死をかけて闘ってきた連中と、しょせんはゲーム、死ぬことはありえない、と遊び半分で試合に臨んでいる選手たちとではとても勝負にはならないはずだ。わたしは好戦的な人間ではない。しかし、国民が拉致されても手を拱いている国にいてとても恥ずかしいと思う。沖縄を太平洋戦争の終末期から、尻尾あつかいして切り離してきた国は世界中のどこを探しても恐らく日本だけである。このことに恥辱を感じない惚けきった国民は日本国民だけに違いない。
 そんなジャパニーズがワールドカップでたった1度勝ったぐらいで浮かれている。ちゃんちゃらおかしいとはこのことを言うのだ。早晩、ぼろくそに負ける日がくる。つまらない涙を流して悔しがれ! 馬鹿者どもよ。いまや日本は愚か者の船と言わざるを得ない。こんな国は沈んで行くしかないのである。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-06-16 04:17 | ブログ
<< 角田房子『閔妃暗殺』について 菊池寛『明治の兄弟』 >>