タクシー運転手と映画監督の共通点

 わたしが自らに課した3日間(タクシー運転手が勤まるかどうか)を終えたいま、誰かのように「自分をほめてやりたい」などとは思わない。うけとる相手によってはもっとキザにとられるかもしれないが、わたしは生きていく希望を持った(持つことができた)。
 タクシー運転手の使命はお客の望む場所に彼女あるいは彼を安全かつ迅速にお連れすること。映画監督は観客が希望するかどうかはべつにして、イメージでどこかまで(映画の終わりまで)引っ張っていくのが仕事。ともに客の手もとに物は残りはしない。充足が残れば誰も文句は言わない。わたしは両方とも自分の性分に合っていると確信できた。ともかく楽しいのです。
 あす(きょう28日)は来年リリースされる『純』と『曖・昧・Me』のDVDの件で忙しく動かないとならないのでもう寝ます。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-09-28 00:35 | ブログ
<< わたしのきょうの楽しみ カントどころかスポーツ紙もとう... >>