新潟中越地震の被害をうけたブロガーの方々へ

 きのうタクシーの乗客から被害者の方々が支給された寝具は毛布1枚「それなのに気温は13度」などと聞きました。わたしにできることは何かとずっと考えています。このたいへんな状況でもしパソコンでこのブログを読んでいただいている方がいらしたらご連絡いただけませんでしょうか。何のお役にも立ちませんがひとまずお見舞いに伺って(こんなときになんですが)映画についてお話しするくらいならわたしにもできます。
 わたしは昨晩タクシーの運転手をはじめて1ヶ月めでやっと240キロ走りました。売り上げも埼玉県の平均3万2千円(正確な数字ではありません)を上回る43360円を達成できました。このブログの名前を「まえ映画監督いまタクシー運転手のブログ」と変えた方がいいかも知れないなどと考えています。(新潟へ行く旅費も日程もなんとかします。できます)
 そんなことはともかくひどい目にあってそれでも気持ちに少しの余裕をお持ちになられるブロガーがいらしたらメールをいただけませんか。スケジュールを調整して新潟に行きたいと思います。わたしは生まれてこのかた北越に行ったことがありませんがこれを機会にどなたかと知り合いになり映画をめぐって親睦がはかれればこれ以上のしあわせはありません。
 地震の被害者で映画(俳優でも脚本家でも監督でもかまいません)をやってみたい女性にお声をかけていただければ幸甚です。
 ある宗教の信者の女性からメールをいただきました。その方に入信を勧められたわけではないのですがわたしには宗教について根深い信念のようなものがあります。それは「宗教も哲学もいろんな本を読んで自ら打ち立てなければなんにもならない」というような思いです。借り物はいけません。聖書でも歎異抄でもコーランでもまず自分で読む。図書館や本屋に行けばすぐ手に入ります。人の話を読んだり聞いたりしてそれで「納得」というのではあまりにも安直すぎます。長いメールでしたので、どう返事をさし上げようかと迷いましたが、その方は幸いにもこのブログをときどき読んでくださっているようなので失礼を顧みずこのブログを返事にかえさせていただきます。
 新潟にお住まいの方からメールをいただけなくてもわたしは近い将来、まだ踏んだことのない土地を訪れてみるつもりです。それはボランティアとかNPOとかとは違うわたしの「手前勝手な」ときには「不埒な」思いから出ていることで誰かにお褒めいただくようなことではないのでこの記事もどうぞ読み流してください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-10-27 13:40 | ブログ
<< 角川日本古典文庫『信長公記』より GoogleのPageRank... >>