『純』のテレシネに立ち合う

 午前中ひさしぶりにプールで38分間泳ぐ。
 午後2時現像所(年寄りくさい言い方。いまは「現像所」という名前はこの世に存在しない)に『純』のDVD化のためのテレシネのチェックにいく。担当ディレクターは予想通り才色兼備の若い女性。来年3月のリリース(2月と聞いていたが変更になったらしい)までこの女性と親しくおつきあいすることになる。もちろん彼女は『純』を見るのはきょうがはじめて。「エロじじい」と思われはしないかと心配していたが 
お世辞でも見終わったあと嬉しい言葉を貰ったので駅前でコーヒーを飲みながら映画の話でもりあがった。
 雨のなかバスを降りてスキップを踏みながら帰宅。発泡酒とワインでさらにいい気分。明朝はタクシーに乗るのできょうはもう寝る。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-11-11 21:46 | ブログ
<< わたしの必需品 1 クレメンスと巨人の上原 >>