『タクシードライバーほど面白い商売はない』他5冊を買う

 数日まえ妻が本屋で面白いタイトルの本を見つけた。それがタイトルに書いた本。
 もう1冊。『システム手帳新入門! 』(舘神龍彦・岩波アクティブ新書126)。この2冊を行きつけの本屋で購入。
 たぶん双子の無愛想な親爺(わたしの歳に近いはず)の経営しているいつもの古本屋で以下の4冊(1冊100円。計400円)をもとめた。
 新潮日本文学51『阿川弘之』(『山本五十六』が収録されている)
 『アカシアの大連』清岡卓行(講談社)
 『駒田信二の小説教室』野島千恵子(文藝春秋)
 アンブローズ・ビアス『悪魔の辞典』西川正身訳(岩波書店)
 『タクシードライバーほど面白い商売はない』(東洋経済新報社)は「……事故もなく、違反もなく、こうして無事に帰って来たことに対して、誰かの言葉じゃないけれど、「自分を誉(ほ)めてやりたい気がする」から不思議だ……」などと表現が軽いところが少なからず目立つが著者の中嶋浩という人は1947年生まれだからわたしとたぶん同じ学年(わたしは1948年・昭和23年3月16日生まれ)のはず。興味深く読み始めた。
 剣が峰の3日を過ぎた。あすまた早朝からタクシーに乗る。あさっては九州に胃の検査に行く。もどるのは12月4日土曜日の夕方。ガンが再発していないかぎり、このブログは続きますので、ときどき覗いてみて下さい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-11-29 21:42 | ブログ
<< あとしばらく生きられそう あすから3日間が剣が峰 >>