人気Blogランキングのアンビバレンツ

 気取ってアンビバレンツ(両価性)などというドイツ語をつかう必要はさらさらないのだが、みなさんの気をひくため(見出しが派手だとつられて見る人が増えるかも知れない)に吉本隆明さんの本で知った言葉を使います。わたしのこのブログのランキングは上がったり下がったりしながらそれでも「人気Blogランキング」で消滅しないのは不思議だ。
 「アンビバレンツ」などと洒落れて書くのは読んでくださる人がゼロにならないかという期待感となるべくなら多くの人に見て貰いランキングの上位をしめたいという相反する気持ちがわたしにはいつもある。そんなことをどうやらアンビバレンツと言うらしい。日本語では「愛憎こもごも」に近いのだろうか?
 それにしても暇な人が多い。ものずきというか向上心のある人と言うべきかそんな人がまだまだこの日本にいるというのは嬉しいことです。わたしのこの拙文を読んでくださる方が1人でもいるかぎりわたしは死なない。死ねない。
 「九条の会」というのが出来たらしいが、わたしは新聞で見たとき寺山修司の前の奥さんの映子さんの会が出来たのならなんとしても参加しようと早とちりをした。よく読むと憲法九条改正(削除)へ反対する知識人の会だと分かりカッときた。発起人にわたしの嫌いなあなたが尊敬して崇拝する方々のお名前が陸続とつづいていますよ。わたしは憲法九条について話し合うことさえ拒否しようとするこの「良識的」な奴らをぶっ殺したい(嫉妬心からだととって貰ってもけっこう)。でも1人でも殴ったり殺したりしてしまうとわたしは映画が撮れなくなるかも知れない。暴力などふるわずにわたしはこの腹立たしい気持ちを映画でなんとか表現するしかないのだ。命あるかぎり、撮りたい映画を模索することにします。ホメロスです。島津です。関ヶ原です。時代劇です。映画にするには50億円くらいかかるでしょう。
 さいごになりましたが石瀧豊美さま。メールありがとう存じます。「来島恒喜のこと、忘れていません。何かできないかと考えています」ありがたいお言葉です。わたしも来島恒喜のことはずっと気にしています。
 なんのことやらと首をかしげられる方は「イシタキ人権学研究所ホームページ」http://www5e.biglobe.ne.jp/~isitaki/を見てそれからもう1度このブログを初めのほうから読み直していただけると幸甚です。慇懃無礼なこんな書き方になってすみません。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-12-07 21:16 | ブログ
<< ポオル・ヱ゛ルレエヌ『落葉(ら... あとしばらく生きられそう >>