テロリストの映画を撮ろうと思う

 みなさま明けましておめでとうございます。いかがお過ごしですか。きょうある人からのメールを見ました。わたしがテロリストに異常に憧れているのを察知なさったようで危険きわまりないテロルの映画をやりませんかというような内容です。(そのうちその方にことわってこのブログで公開するつもりです)
 わたしはいま興奮しています。交番か朝日新聞の記者にどなたか知らせて下さいませんでしようか。はやくしないと頭がパンクしそうなのです。
 きょうの朝日の夕刊1面。「極東ロシア 退役原潜37隻未解体」という記事。いつものように朝日はなにをどうしようというメッセージを書いていません。これはわたしの妄想ですがいくらかの金を用意して競売にかかる原潜を買いに行けるようにタクシー運転手をしながら頑張ろうと思います。わたしの新年の決意表明です。
 ちなみにわたしがいまいるのは安政の大獄で有名な高野長英がかくまわれた「高野家の離れ」という文化財の近くの賃貸住宅です。共産党と旧社会党のみなさんただちにわたしに刺客をおくりこまないとたいへんなことになりますぜ。迎え撃つ用意はあります。こんばんは寝ないでわたしは家のまわりを野良犬のように徘徊しまくることとでしょう。ではまた。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-11 20:45 | ブログ
<< 初乗り660円の悲喜こもごも 携帯電話は日本人の「おしゃぶり... >>