このブログは建築現場の覗き窓

 わたしのこのブログの定義。
 「掲示板」などではけっしてない。野口悠紀雄氏も書いていらっしゃるが氏のホームページで掲示板をやったがそれは野口氏が参加しない掲示板だったらしい。不都合があって途中から不参加を決められたのだろうか。ともかくブログはあくまで「ブログ」であって「掲示板」ではまったくないのです。どうか取り違えないで頂きたい。
 ネット上の「日記」に近いかも知れないが、ほんらい日記は他人に読ませるために書かれていない。わたしは日記に何度も挑戦してきたが永続きしたためしがない。近いかも知れないがやはり日記とも違う。
 このブログを始めたころ書いたが、見出しにあるように建築現場のフェンスの窓だと考えていただけるとありがたい。ただわたしの仕事は建築のように途中経過が見えにくい。手で触ろうとして触れるものではない。そこをなんとか書きなぐりの拙い文で読む人に分かっていただくことを目的にしている。「なんのために? 」と問われても困りますが、のたうち回っているわたしの醜い姿を世間にさらしたい衝動を抑えかねてやっているのだろうと愚考します。そこをおもしろがって読む人がいてくださるかぎりこのブログは続きます。 
 どうぞ、これからも暇にまかせて読んでください。よろしくお願いします。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-13 11:50 | ブログ
<< わたしの好きな言葉とワールドカ... 初乗り660円の悲喜こもごも >>