フジテレビ「報道2001」を見た人へ

 きょう(2005年1月16日)は仕事をほっぽり出して安倍晋三代議士の「しゃべり」をテレビでじっくり観察しました。早口が直らないのが気になります。秘書の人でも奥さまでも近しい人は注意をしてあげてください。早口は政治家として命取りになりかねませんよ。
 「報道2001」を見て興味深いと思った人はわたしにメールをいただけませんでしょうか。必ずご返事はさし上げます。野村秋介氏はなぜ朝日新聞の本社でご子息を前に自ら命を絶たなければならなかったのか? イラストレーターか漫画家か何か知りませんがあの事件の張本人のF氏はおめおめと生きている。ぬくぬくとえらそうな顔をして生きている。「風の会」を「虱(しらみ)の会」とおちょくられれば野村氏だけではなく誰でも命を賭けて抗議したくなるはずだ。わたしは野村氏とは一面識もないが、弟分としょうする方から「野村秋介三回忌記念映画の監督をしませんか」と頼まれたことがある。朝日新聞と野村氏との間に何があったのか、好奇心からではなく、これからの日本の行方が気になるものの1人としてどうしても探求したいのです。
 ジャンク情報の垂れ流しという負の側面ばかりが目立つブログだが、それでもわたしが死ぬまで続けようと考えているのはこの拙文が何月何日の何時何分にアップされたかをちゃんと証明できる(はず)ことが唯一の取り柄だからである。
 まじめなメールをお持ちしています。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-17 01:04 | ブログ
<< 「朝日新聞社会部長の話」を見た ご面倒ですが >>