きょうの朝日新聞1面トップ

 NHK番組改編問題
 元総局長、発言翻す
 本社抗議「報道に根拠」
 というのが朝日新聞のトップの見出し。
 記事をお読みになったら分かるが「言った言わない」の子供の喧嘩じげんだ。このような低レベルの記事をトップにもってくる朝日新聞の見識をわたしは疑う。先日のフジテレビ「報道2001」で安倍晋三氏か中川昭一氏が発言していたが改変前と改変後の番組をともに両衆議院議員は見ていないそうだ。NHKは「政治的な圧力があって改変させられた」のではないと主張するなら改変前と改変後の番組を一般公開する義務があるのではないだろうか。NHKはだれでもが見比べられる機会を設けるべきだ。目くそ(朝日新聞)鼻くそ(NHK)を笑う茶番をつづけていると民放のバラエティなみに両者(朝日、NHK)は堕す(いやもう堕しているのだが)。
 リチャード・マードックとかいうメディア王があの孫氏と組んでテレビ朝日の株を買い占めたことがある。そのおりマードック氏が言っていたこと。
 スポーツ中継とニュースそして映画が放送メディアの3本柱、その点日本のテレビは(番組の質が低くて)赤子のようなもの。この3つですぐれたものを提供できれば日本のメディアはいとも簡単に制圧できる。(氏の言葉通りではない。わたしはこの意味にとった)
 氏の発言にわたしは感じ入ったものだ。
 NHKは民営化するか社会保険庁のようになくしてしまうのが妥当だ。朝日新聞は放っておいてもいずれ外国企業あたりに身売りするしかなくなるに違いない。
 いや、その前に朝日の社会部長は、どんな顔をしているのか早くそのツラを(どうせまずい顔だろうから誰も見たくもないだろうが)テレビで曝さないとならないだろう。朝日の部長はいつ記者会見するのだろうか、わたしは楽しみだ。みなさん! バラエティ番組よりほんのちょっとはおもしろくなると思いませんか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-20 07:39 | ブログ
<< 『踊る大紐育(ニューヨーク)』... NHK松尾武総局長は嘘を言っていない >>