NHKと朝日新聞をみんなで潰そう

 郵政民営化が国会で論議されることに呼応してNHKの視聴料をみんなで「えぃやッ」と払わないようにしませんか。(すでに50万件の未払いが報じられていますよね)わたしは勇気を出して朝日新聞の購読をやめます(夕刊に掲載の吉村昭『彰義隊』は近所の図書館で読むか、単行本ででるまで待つしかない。トホホ。わたしは顔文字が嫌いです。年齢のせいなどではないですよ)ので、この際みなさんも「いち、に、さん! 」で朝日新聞をとるのを中止してはいかがでしょう。2つとも半年もしないで潰れます。
 NHKも朝日もいまや無用の長物。NHKのチーフ・プロデユーサー長井暁が言うように「私もサラリーマン。家族を路頭に迷わすにわけにはいけない」(朝日新聞1月13日19面)心配はNHKの全職員が持っている心配でしょうし、朝日新聞の全社員、記者どもも同じはず。両者が消滅してもわたしたちも困らないし長井暁の家族が路頭に迷うこともぜったいにあり得ないとみなさんは分かっていらっしゃるはず。(分かりたくないだけ)
 日本国憲法をわたしは読んだことがないのですが、源氏物語などの古典を読もうとして果たせないのと問題が違います。「赤信号みんなでわたれば恐くない」と言ったのはビートたけしらしいですね。その主義をすてて上からの憲法改正論議を待たずに、われわれの1人1人が自分の、家族の、恋人の、子どもたち、親、そして社会の「来し方行く末」を考えて行くことがだいじな時がきているようにわたしには感じられてならないのです。
 酔ってこんなことを書いているのではありません。しかつめらしい議論をしたいからでもありません。3日連続のタクシー乗務をおえてすがすがしい朝をむかえています。タクシー運転手をやりながら余力はすべて自分の映画へむけていく手応えをやっといま実感しているところです。
 みなさん方もほんの少し勇気を出してみられるといいのではないでしょうか。「家族を路頭に迷わすわけにはいかない」という言葉の虚妄を見つめる勇気です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-31 10:38 | ブログ
<< また「関心空間」へアップできない 『週刊新潮』の記事についてのわ... >>