また「関心空間」へアップできない

 「NHKで国会中継を見、朝日の夕刊を読む」という見出しで日記を書いた。何日か前と同じでアップしようとしてもすぐにエラー。前回同様きょうの日記をこのブログに載せる。「関心空間」の日記はもう閉じようと思うのだが方法が分からない。
 以下、その日記。
 月末の銀行での振り込みのために昼前に妻と二男の3人で街に出る。昼食はなじみのそば屋でビールを飲んで「冷やしたぬきそば」(この日記を読んで間違って客が殺到したら味が落ちるのを恐れるのでどの店かはあえて書かない)。本屋で500円のDVD『素晴らしき哉、人生! 』を買う。
 『素晴らしき…』は見ずに先日もとめた『カサブランカ』を半分見る(500円DVDはこれで3本になった)。テレビのリモコンで「入力切換」するときNHKの国会中継「参議院予算委員会質疑」が目に入り興味深そうに感じていたので途中切りかえて国会中継におしまいまで集中。昼寝をするつもりだったが、朝日の夕刊がきたので吉村昭『彰義隊』82回目を読む。18面の「草かんむり やっと3画に」という見出しの記事で草かんむりがむかしは4画だったと知って勉強になった。14面の「古希を迎えた 大江健三郎さんに聞く」ではT・S・エリオットに『四つの四重奏曲』というのがあり西脇順三郎の訳があるのが分かってまたひとつ利口になったような気がする。
 気にくわないのはこの記事の末尾に「…憲法改定の動きに、加藤周一さんらと「9条の会」を発足させ、各地で講演もしている」などと「護憲」の姿勢をチラッとのぞかせる朝日新聞的なやりかた。(雑誌「アエラ」の駄洒落の巧さよ! アタマのいい人は違う)(憲法論議をわたしは絶対に必要なことだと思う。朝日は「護憲」というスローガンのもとに社民党、共産党とグルになって論議そのものを封じこめようという姿勢は犯罪的だと思いませんか? )
 NHKも朝日もそこで給料貰っている人々全員がわたしなどより遥かに学校のお勉強ができた人たちであることはみなさんには火を見るより明らかであろう。その人たちのすべて(? )がノンポリのわたしより数段も世事に疎いというか政治にインポテンツというのは皮肉と言うほかない。
 NHKも朝日も消滅してしまったらアナウンサーや記者たちはわたしのように生活の糧はほかにもとめて情報発信はインターネットで自己責任でおこなうのがいいし、いまはそれが出来る時代である。この意見に「論理的な飛躍」があると感じられる方は、アルビン・トフラーの『第三の波』を是非ご覧になることをお薦めする。中公文庫で出ています。(世の中には「論理的に」語ってはいけないことが多いとわたしは知っている。マークシートでいい大学の入試に受かった奴には、思考回路がステレオタイプというか鋳型にはまったみたいなアタマになってしまってここが理解できない輩が多い。この連中は男女ともにセックスが下手)
 おしまいの方を書きたしているうちに話がちがう方向へいきはじめたのでここでやめますがNHKの国会中継はおもしろかった。NHKなどではなくNPOとかNGOとかで中継するともっとおもしろい番組ができるだろうくらいのことはみなさんでもお分かりになるはず。ただ「わたしにも生活がある。家族がいる」などというところにいるかぎりは分かりたくないという心の回路にほとんどの人が気づかない。気づこうとしない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-01-31 18:52 | ブログ
<< 82号車には臭くて乗る気がしない NHKと朝日新聞をみんなで潰そう >>