ライブドアのフジテレビ「乗っ取り」を支持する

 きょう(2月20日)のフジテレビ『報道2001』はいつも以上にわたしには興味深かった。見ていない人にはなんのことやらさっぱり分からないだろうが、それでもかまわない。
 結論は見出しに書いたとおり。わたしは個人的にはライブドアの堀江とかいう社長を好きではない。しかしテレビで見るかぎりフジテレビの何とかいう会長より堀江社長の方が社会的にはずっとマシだと考える。このブログは論文ではないので説明はしないが朝日V.S.NHKの泥仕合よりライブドアV.S.フジテレビの方がはるかに問題のランクが上だ。
(ここでわたしは両切りのピースを一服する)
 堀江はフジテレビのバラエティ番組を降ろされて「好きだったフジテレビだったのに違うフジテレビになりそう」という意味のコメントを発していたが早くフジテレビを乗っ取って(たぶん「乗っ取り」は無理だとわたしは思っているのだが)くだらないバラエティ番組など彼自身の手でなくして貰えないだろうか。
 福井晴敏という作家の『ローレライ』が東宝で封切りになるらしい。『報道2001』がおもしろかったのは中川昭一代議士、イオキベ(難しい姓なので漢字で書けない)教授そして福井氏3氏の発言に賛同することが多かったせいである。映画を見にわざわざ劇場に足を運ぶことはしないが『ローレライ』がDVD化されたときは急いで借りてきて見ようという気になっている。こんなことなら福井氏の『亡国のイージス』を読まずに古本屋に売り払ったりなどしなければよかった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-20 09:39 | ブログ
<< 宮脇俊三『室町戦国史紀行』(講... 映画『黄金の腕』を見た >>