日本テレビよ頑張れ!

 インターネットの即時性をいかして提言したい。巨人、大鵬、卵焼きの時代はとっくに終わり、フジテレビの後塵を拝している日テレよ。巨人が負けてどんなに局にとって不利(視聴率1パーセント)でも野球中継はつづけた方がいい。
 阪神ファンであるわたしはきょうの巨人―阪神戦7回表の阪神のすばらしい攻撃を見てこんな感想をもちました。チャンコロ(支那人)に負けないためにもこの呼吸さえ忘れなければあのフジサンケイブループに讀賣グループが追い越されるわけがない。(朝日はとっくに死んでいる)
 そして毎日新聞は「サンデー毎日」で「テレビ局社員の給料もらいすぎ」(見出しは正確ではない)を特集している。電車の中吊りで見ただけだが、わが日本はすこしずつだが前向きに動きだしている、ように感じつつあしたも朝が早いので野球中継の終わりまでつきあわずに寝ようと思います。
 発泡酒350mlを3缶飲みいい気持です。日本人は老若男女をとわず、自分の意見は言い切る、その大切さにやっと気づきはじめたように思います。言い切るためには自分の意見を持つこと。そのためには受験勉強の丸バツ式ではない頭の使い方を訓練しないとならない。みなさん、ときどきこのわたしのブログをのぞいてみて下さいね。
 では、おやすみなさい。(勝手なことばかり言ってすみません)
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-04-19 20:37 | ブログ
<< 黒田三郎氏の詩「僕はまるでちがって」 『絵巻 山中常磐』(監督:羽田... >>