古本を2冊買う

 山本博文『島津義弘の賭け』(中公文庫、定価724円税別)を360円、『新潮日本文学28丹羽文雄集』を100円でいきつけの本屋でもとめた。
 前者は装丁がケバイのであやうく見逃すところであった。オビの文。
果断」と背景にあり、「敵に向かいて死すべし! 」とある。裏表紙には「関ヶ原合戦で歴史に名を残す退却劇を演じた島津義弘の生涯を中心に、九州の雄島津家をめぐる波乱の物語を、国宝級の『島津家文書』を始めとする膨大な資料をもとに描き出す。会話のひとつひとつまでが史料的裏付けを持つ、小説を超えた歴史フィクション。」とあり、この文がわたしの読書欲をそそった。
 後者のオビ。
現世の女身の哀しみと微妙な心理の陰翳を愛欲と罪業の意識の世界に刻み
昭和文学に多くの稔りを結実させた丹羽文学――
人間の煩悩を宗門への反逆と回帰のうちに描く
近作長編「一路」と代表的短編を精選収録!

(『一路』、『鮎』、『菜の花時まで』、『厭がらせの年齢』そして『蛾』が収録作品)
 新田次郎『武田信玄 四 山の巻』までやっときた。上記2冊を手にとるのは『信玄』を読み終わってからだがいつになることやら。
 前川麻子『下田のモーツアルト』(「小説現代」6月号に掲載)を読み直した。流行歌(年寄りじみた言い方で、ごめんなさいね。いつぞやの植木屋さん)でたしか『おれは田舎のプレスリー』というのがあった(たしか映画にもなったが見ていない)がなんだか似ていておかしい。わたしは興味深く読んだのだが知り合いの女性に読ませてもあまり興味を示さなかった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-05-24 21:53 | ブログ
<< 『タクシードライバーの長い夜』... 玄洋社を描いたマンガ >>