謦咳(けいがい。咳払いの意)新明解国語辞典第六版より

 同書432ページ。「…(横山博人とあてはめてほしいです。横山)の謦咳に接する」
(a尊敬する人の話を身近に聞く。b(尊敬する人に)(以後433ページ。横山)お目にかかる)
 わたしはどんなに尊敬する人でもその人の咳払いには接したくない。汚い。気持ち悪い。その点インターネットなら臭い息など嗅がずに済む。便利ですよね。でも人間関係はそれでは発展しません。
 不遜(辞書を引いてみて下さい)かも知れませんがわたしはわたしのこのブログでみなさんにわたしの咳払いに接して貰いたいと考えているのです。
 それにしても内舘牧子さんや林真理子さん、宮里藍さんなどから暗がりで迫られたらわたしはどうすればいいのだろう。お三方の体型に似た女子高生の股ぐらなど覗いてなんになるのだろう。わたしには分からない。このあいだフジテレビ「報道2001」のゲストの人が言っていた「人権派」の台頭に秘密の鍵があるのではないだろうか?
 三菱自動車はなんの反省もなく欠陥車の宣伝を讀賣新聞に出しているが、その宣伝に騙されて三菱の自動車を買う人がさいたま市にはあとをたたない。三菱自動車は「走る凶器」なのに。嘆かわしいことだ。ぬるま湯につかりきった日本国民は談合を繰り返す。地走りが近い。たてよ! わが同胞(はらから)、勝利の日は近い! さいたま市民はもちろん日本中でアホどもは殺し合え!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-05-27 20:52 | ブログ
<< 讀賣新聞『人生案内』を読むのが好きだ 古本10冊雑誌1冊を買い映画『... >>