品格を疑われることを恐れずライブドアV.S.フジテレビのことを言う

 「品格」の解説は「広辞苑」より「新明解国語辞典第六版」のほうが上。
 「節操の堅さ 見識の高さや、態度のりっぱさ 姿の美しさなどから総合的に判断される、すぐれた人間性。」以下のことを言うとわたしは品格を疑われるだけでなく刺客を送りこまれるかも知れない。だが言わずにはおれない。
 女性週刊誌に出ていたホリエモンの「別れた」妻と子のことが気になってしかたがない。
 ライブドアはフジテレビのおかまを掘ろうとした。堀江はあのなんとも薄汚いフジテレビの会長のケツを掘ろうとした(注意! 堀江の「堀」と「掘る」は似ていますが違う字ですからね)のですよ、みなさん。会長は掘られる人の常でしなを作ってずいぶんテレビに出ていたがまだやめないでいるのが不思議。あの堀江。なまっ白(ちろ)くてブヨブヨしたあの見苦しい体型。口元を見たら吐く息も臭そう。ついでにホリエモンのもちものをみなさん想像してみて下さい。卒倒する人がいてもわたしの責任ではない。フジの爺ィ(強調の「ィ」)のしみだらけの尻に堀江は短小(? ちがう。以外に巨根かも)で皮をかぶった申し訳程度(まちがったらごめんなさい。でかいのを自慢して六本木で夜な夜な見せびらかしているかも知れない)のチンポを無理に挿入しようとして失敗した。なぜか、堅さが足りなかったのか、爺ィの肛門とその周辺を見たら皮かむりが急に萎えてしまった(会長は疣(イボ)痔だったりして)のか、どちらにしてもオェッと吐き気をもよおしそう。考えるだに憂鬱です。
 堀江社長の奥さん。いまどうしていますか。ほんとに堀江の妻だったのなら、元気にみなの前に顔を出して下さいよ。(女性週刊誌よ、どうした! なぜ黙る?)
 いずれにしても日本国民のみなさん、梅雨前線が張り出しているそうですから鬱陶しさに耐えないとなりませんね。歯を食いしばってわたしは明日を迎えようとしています。訳の分からないことを言ってすみません。わたしはこれから昼寝しますのでどうかそーッとしておいてください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-06-11 14:14 | ブログ
<< きょう古本屋で4冊買った 木田元『反哲学史』(講談社学術... >>