中国には人権などはない

 石原都知事が「中国はチベットで大虐殺をおこなってそれを世界に隠している」と何度もテレビで言っているのを聞いた。
 何年かまえ上海にいったときビルの建築ラッシュだった。わたしが驚いたのは高層ビルを建てるのに足場を竹で組んでいたこと。「あれじゃ地下足袋がすべって落ちたりしないのだろうか? 」日本に戻って大手ゼネコンの人に尋ねてみた(妻の叔父はその大手ゼネコンの副社長。これは自慢です)。ゼネコン社員こたえていわく。「そりゃ落ちますよ。ぼとぼと落ちていますよ。知っています? 落ちた人間はそのへんの犬や猫が車にひかれるとこの日本では保健所か警察か知らないがすぐ片づけてしまうように中国では人間も同じで掃いて捨てるのです。国が認めたこどもなら遺族に100万円。認めていない人間にはなにも支払われない。中国では子供は1人しか認められないでしょ。日本でいう戸籍のないのがうじゃうじゃいますよ。中国では足場は竹で組むのが人口調節のためにもいいのですよ」さすが纏足の国だとわたしは感心した。(山田詠美『蝶々の纏足』とは何の関係もありません)
 道を歩いたりチャンコロ、あ、違ったチャリンコをころがしたり電車の中などでケータイでメールやっているアホにも日本では人権が認められている。メシ食ったり糞垂れたりするのをむかしの日本人はあまり人前ではやらなかった。同じように化粧も女たちは隠れてやった。奥ゆかしかった。いまでは馬鹿女は公衆の面前で平気で手鏡をのぞいて無駄な抵抗をしている。
 わたしはなにが言いたいか。フジテレビ「報道2001」に出演しているキャスターの女が鼻の頭をテカらせ大口あいてなにかを食っている場面が番組がはじまる数分前に映し出されてわたしはあやうくひきつけをおこしそうになった。鼻だけじゃなく顔中が脂で光っていた。可哀相(ほんとうは露ほども思っていない)! あ、この女、男のアレをあんな風にしゃぶるのだろうな。気持ち悪い! ホリエモンのおかま掘りそこない事件がこんなことにまで波及してくるとは思いもよらなかった。
 小泉総理、衆議院を解散しなさい。石原都知事よ、長編小説を書くからなどと言うから揚げ足を取られる。体調が悪いから、週2、3日しか登庁できないと言えばよかったのに。わたしは都知事と総理大臣にシンパシーを持っています。人権派との水面下の戦いはまだまだ続くことでしょう。みなさん、しっかり目を開いてこれから日本はどうなるのか注目しましょうね。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-06-28 13:53 | ブログ
<< 保坂和志『小説の自由』を本屋へ... 「この地球上で最後に滅びる社会... >>