弊ブログ1周年記念

 さくねん(2004年7月13日)このブログを立ち上げて丸1年が経過した。とちゅう(9月中旬)「中澤ブログ」に代表される不愉快な雑音(ほかにも匿名の稚拙なコメントなど)が入ったりしたが盲千人目あき千人という言葉があるようになかには応援してくださる人もいてなんとかもちこたえてきた。知り合いだけが30人、40人毎日のぞいてくれているだけかも知れないがわたしはブログを死ぬまで続ける所存です。「継続は力なり」と言うではありませんか。(きょう現在の訪問者数14758人)
 ちなみに昨年9月17日上記阿呆ブログを読んでわたしの親衛隊の女性がくれたメールの一部を載せます。
ブログ読みました。
無視すれば良いのではないでしょうか?
その低次元のレベルに巻き込まれることなく、監督の日々の
雑感、シナリオの話しなど、思うがまま今まで通り書いていけば
いいと私は思います。
才能ある人、有名な人は中傷されることはしょうがないと
思います。
その人と、何らかの形で関わり、そしてその人がどんなに
ダメな、嫌な奴か私は知っている、と声をあげて言う事で
何となく、ちょっと自分は上のポジションにいるのだ、と
世間にアピールしたいような、すごく悲しい人達はたくさん
います。
そのことで何か正義を勝ち取った気分になり、そして自分は
特別な存在だと思い込みたい人たち。
誰かを対象にすることでしか、自分の存在をアピールできない人たち。
考えようによったら良い宣伝になって良いと私は思います。
監督のブログを読めば、人間性の差というものは、わかる人には
わかりますから。
平凡な一般人を相手にしなくてもいいと思います。
監督は特別ですから。
何十万人、何百万という人が監督の映画を見て映画監督横山博人を
認めている。日本だけじゃなく世界に通用した映画を撮った人です
から。
たかが数百アクセスがインターネットでありました、などと
自慢げに言っている人のブログを気にする監督はあまりにも人が
良すぎると思います。
無視すれば良いですよ。
私は監督はブログ続けていいと思います。
なんなら、このメールを監督のブログにのせてください
。…
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-07-13 15:25 | ブログ
<< 倉橋由美子を知っていますか 『プルターク英雄伝』(一)(河... >>