図書館で本を貰う

 さいたま市の東浦和図書館では毎年夏に蔵書の処分をする。市民は処分する本を貰える。タクシー乗務あけの朝からわたしが待ちかまえて行って貰ってきた本5冊。
中村光夫『日本の現代小説』(岩波新書)
世界文学全集Ⅲ-1『ホメロス』(河出書房)
ジャック・デリダ『シボレート』(飯吉・小林・守中訳、岩波書店)
『アーサー・ミラー全集』1(菅原卓訳、早川書房)
『正宗白鳥集』(現代文学大系12、筑摩書房)
 それに雑誌「思想」(岩波書店)2003年1年分(ただし8月号、第九五二号がない)。
 借りた本5冊(返却日8月7日。忘れないようにしよう)。
倉橋由美子『あたりまえのこと』(朝日新聞社)
竹田青嗣『はじめての現象学』(海鳥社)
竹田青嗣・小浜逸郎『力の思想』(學藝書林)
現代の文学13『安部公房』(講談社)
アドルノ『否定弁証法』(作品社)
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-07-24 14:24 | ブログ
<< 小田和正ってちょっといいね ブログについて書かれたアルビン... >>