浦和には5円玉でタクシー代を払う奴がいる

 男、それもいい歳こいた奴(この11ヶ月間で20代~50代で4人もいた。女は1人。たしか体臭の強いブスだった)が小銭入れの中をちょこちょこと太い指でまさぐっている。なにをしているのだろうといぶかしんでいたらコンビニで弁当でも買ったつり銭の5円玉をさがしているのだ。それもふたついるのでさがすのに時間がかかる。混んでいてとても車が停められる道ではないのにこの者たちは平気だ。運転手のわたしは「こいつは人間が小さいなあ」と内心なげき日本の将来を心配する。こいつのガキはどんな国民に育つのだろうか。
 高速道路の料金所や映画館の窓口で1円玉と5円玉で通行料、入場料を払おうとした奴がいたと読むか聞くかしたことがある。これはわたしもいっぺんやってみたいと思いながら別にそんないやがらせをする必要性を感じたことがないので果たせないでいる。
 いやがらせと言えば関西の主婦が隣家に向けてカセットラジオでFM放送をボリュームいっぱいにして毎日かけつづけたという興味深い事件があった。
 はなしが違う方にいきかかったがこんな時代だからこそ自分なりに日々精一杯豪快に生きようと心がけるだけでじめっとした暑さは吹き飛ばせるのに考える訓練ができていないサライ族とその家族=人糞製造器どもの脳みそにはそのカケラも浮かばないらしい。桃井かおりが「世の中バカばっかりで疲れるよね」というコマーシャルがテレビでほんのちょっとの間流れたことがある(すぐ中止になった)。みなさんはどんな暑気払いを実行していますか?
 きょう(8月11日)の日本経済新聞の1面。
内閣支持率 47%に上昇
郵政民営化 首相支持47%
「自民軸の政権望む」48%

 これを見ると少しホッとする。NHKも夕方7時のニュースで同様のことを報じていた。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-08-11 21:46 | ブログ
<< 石井輝男監督がわたしに映画監督... 阪神逆転それでも優勝できる気がしない >>