本の題名をあててください

 きょう(8月14日)近所の古本屋で4冊買った。2冊は筑摩書房世界文學大系9A、9B『モンテーニュ』これが2冊で500円。あとの2冊も500円。1冊目の帯に「小説芸術を極限まで追求した20世紀文学の源流! 」とある。2冊目は「現代人の虚無と憂愁、女の官能の喜びを歌いあげる完結編」となっている。
 さてこの本のタイトルは? 作者は? 応募者の中から正解の方5名様に『純』か『曖・昧・Me』のDVDをさし上げますのでふるって応募してください。この本はわたしの次回作の原作になるかも知れません。作者の死後50年たっているかどうか、もし50年過ぎていれば作者に断らずにわたしは勝手にシナリオ化してみたい。それにしても「現代人の虚無と憂愁、女の官能の喜びを歌いあげる」などと分かるようで分からない宣伝文句がおもしろい。古本屋で手にしたときはこのコピーが目にはいらなかった。家に持って帰り布団に寝っ転がってあらためて手にしたときに気づいた。40数ページ読んだら睡くなったので昼寝をした。果たして読みおえることが出来るのか。はなはだ心もとない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-08-14 21:18 | ブログ
<< きょう(8月16日)はいいこと... 2016年に東京でオリンピック... >>