タクシー大手「エムケイ」(京都市)グループの社長は北朝鮮の工作員か

 きょうの(8月25日)讀賣新聞夕刊19面にタクシー運転手が「10分以上停車したら休憩」とみなされ「次々差し引き給料0円」という(のはひどいという)記事が載っている。ワンコイン(500円)タクシーというダンピングを始めた「大阪エムケイ」(大阪市)を相手取り元運転手ら10人が「賃金を不当に大幅カットされた」として訴訟をおこすらしい。わたしはアルバイトとはいえタクシー運転手をほぼ1年つづけたので義憤を覚えた。
  マスコミには言えない書けないことをこのブログで言う。「エムケイ」の社長はなんという名前か知らないがたしか在日朝鮮人(もしくは韓国人)のはず。(違っていたらごめんなさい。すぐ訂正しますのでどなたか知らせてください)それが賃金カットとなんの関係があるかといえばタクシーの許認可は国土交通省。ここの窓口が自虐日本史の信奉者であるために在日の要求はなんでも聞き入れてしまうことがすべての原因とわたしは推察している。来月の衆議院選挙で小泉自民党が勝てばこの訴訟は「大阪エムケイ」が間違いなく負けるだろう。ついでに経済産業省は中川昭一が大臣なのでタカ派の彼に北朝鮮が経営する日本中のパチンコ屋を何とかして潰して欲しいと祈るのはわたしばかりだろうか。
 これが構造改革なのです。自虐日本史議員のいる民主党は口先ばかりで改革などできない。社民党、共産党は売国奴の集まりだ。小泉自民党をわたしは支持します。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-08-25 22:04 | ブログ
<< 『冒険者たち』(ジョアンナ・シ... エリザベスカラーと天草四郎 >>