『脚本家・橋本忍の世界』(村井淳志、集英社新書0305F)はおもしろい

 古本屋をのぞいたがとくに欲しい本がなかったので見出しの新書を買った。約半分、94ページまで読んだが著書の村井氏は大学で教師になる人の先生をやっている人のようだ。それだけに臭み(民社党や共産党に近そう)があるがわたしのシナリオ執筆のヒントになることを言っている。
 けさ(8月28日)のフジテレビ『報道2001』を見ていて思ったのだが民社党のいかず後家(処女かどうかは定かではない)・かってのマドンナ候補の前党首が「北朝鮮の拉致問題はでっちあげ。そんな事実はない」と言っていたことを誰も問題にしないことは問題だ。ボーッとしていたために朝鮮半島に連れ去られた人が何十人か百何人か知らないが何年かにわたっている。これがひとときにやられていたら戦争を仕掛けない方がおかしい(分割払いでも一括払いでも一人でも拉致されたら取り返そうとするのが当たり前)。護憲だとか何とか言っているが衆議院選挙で共産党も社民党もそこのところを頬被りし民社党は無論自民党までがタブー視しているのはいけないのではないか。
 チャンコロ(支那)が露助(ろすけ、ロシア)と組んで軍事演習をやってアメリカを挑発しているがわが日本は漁夫の利を占めるためにいまこそ国民はこぞって知恵をしぼるときではないのだろうか。駒大苫小牧の暴力事件が「解決」したようだがわたしは不満だ。練習に暴力はつきもの。おおっぴらに殴ったりすることを奨励はしないがスポーツをやるならこれからも同じ問題が起きるのは当たり前。ブスの主婦(この女はまちがいなく裾腋臭・スソワキガ)が選手たちが心に傷をおったなどと腑抜けたコメントをしていたがそんなこというならこの日本からすべてのスポーツを排除したらどうだろう。サッカーも野球も闇でやるといい。巨大なシェルターでも作って地下でやる。サポーターも選手も不自由だろうな。680万人のケチ(吝嗇)なサライ族どもがなけなしの退職金をつぎ込んでこんなことを実行しはじめることをわたしは期待している。
 わたしの言いたいことを何人の人が理解するだろうか。メクラ千人目あき千人。まずマスコミで働いている若い労働者(イルカ族)たちの自覚を促したい。一流大学卒のインテリの人たちは高い給料だけ貰ってボーッとしていてはいけませんぞ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-08-28 22:33 | ブログ
<< このところなにも手につかない 『冒険者たち』(ジョアンナ・シ... >>