小泉総理大臣の夢を見た

 衆議院選で小泉自民党が圧勝した明け方(12日早朝)なぜかわたしは小泉総理と同席していた。忙しい総理はあわてながら「3月11日にあらためて」と言って去った。すぐにもどって「11日は無理です。5日にしましょう」と訂正した。そのときわたしは「あ、これは夢だ」と直感した。なぜならいまは9月ではないか。夢だと分かりながらも余韻を楽しみたいのでもう1度寝直すことにした。
 民社党の党首は小沢一郎しかいない。小泉V.S.小沢。つぎの日本政治劇場はこれだ。新聞記者もニュースキャスターもテレビも新聞もだれもこのことを言いきれないのがわれわれの不幸なのだ。わたしはこのささやかなブログでわたしのあした、家族の来年、日本の将来を予言し続けようと思い決めています。
 何年かまえ新井将敬という在日朝鮮(韓国? )人の代議士が品川のホテルで自殺した。ちょうどわたしもそのとき死のうかと考えていたのでたいへんなショックを受けた。数日後夢のなかでダブルのスーツ姿の新井代議士がワイングラスを片手にわたしの方にあしばやにやってくる。彼はわたしの目を見ないでぐんぐん近づいてくる。瞬間、あ、新井だヤバイ! と目線をあわててそらした。氏はそのままわたしとすれ違って去っていった。こんな夢を見たのでわたしは死なずにすんだのだろう。新井将敬氏のご冥福を祈ります。
 小沢さん! この際カッコつけずに「俺は小泉と差し違えるぞ」と党首に名乗りをあげましょうよ。死ぬ前に1度でいいからとち狂ってみませんか。期待しています。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-09-15 20:16 | ブログ
<< ついに買ったぞ『信長の棺』(加... ネットに繋がらない1週間 >>