タクシー乗務明けのきょう

 就寝は午前3時半。起床は7時50分。8時家族そろって朝食。午前中はむかし切り抜いたエロ小説を読んでゴロゴロ。昼食は長男と近所のパスタ屋(二男は渋谷のパスタ屋でアルバイトをしてどうやら同僚に認められているようだ)ですませた。午後は昼寝。3時半ころ「朝だ! 勤務に支障をきたすぞ」などと寝ぼけて起きた。
 午後7時まえ妻をむかえに駅前に出る。デパートの駐車場に車を停め。走ってガード下の酒を立ち飲みする店に行く。安サラリーマンがほとんど。後ろにいた半分ヤクザ2人のひとりと目があったが無視。妻と2人遅い夕食をタクシー会社ちかくの食堂ですませて帰宅。
 安部公房『壁』(新潮文庫)、斎藤慎一『戦国時代の終焉―「北条の夢」と秀吉の天下統一』(中公新書、新聞の書評で買う気になった)、雑誌「特選街」10月号(特集「これが売れ筋No.1だ! 」につられた)の3冊を買う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-09-27 21:52 | ブログ
<< 和歌山の連続発砲事件について ハリケーン「リタ」がブッシュ政... >>