和歌山の連続発砲事件について

 他人の車に傷をつける悲しい人たちがいる。おどろくことにタクシー運転手のなかにもいる。せまい道で離合するときかんたんには譲らない譲れない馬鹿がいる。高速で競い合わないと気がすまないアホもいる(和歌山の被害者は数十キロにわたって車の速さを自慢したとかNHKのニュースで言っていた)。ノーヘルメットで排気音は高くて大きいがのろのろとしか走れないオートバイに乗っているいまどきはやらない暴走族がいる。
 わたしはこいつらにいつも発砲したいと思ってきた。せめて生卵なりともぶつけたい(都内の高校生がタクシーにぶつけた例があったが他の運転手が客待ちのとき読んでいるスポーツ新聞を覗き見して知ったときわたしはとても愉快な気分になった)。和歌山で起きた事件はわたしのような奴が人生ほかにやることもないので実行にうつしたのではないだろうか。埼玉県戸田市でおきた発砲はちょっと種類がちがうかも知れない。
 ここのところエロサイトかスケベブログか訳の分からない奴がわたしのブログへトラックバックしてくるが和歌山で発砲された被害者と多分おなじ人種に違いない。月夜ばかりとはかぎらない。闇夜だってあるのだという自覚さえない馬鹿どもは殺したっていい。わたしが殺さないのはこの世に未練があるからに過ぎない。
 和歌山の連続発砲事件の被害者よ。ローンで買った車を(毎月かなりな支払いに追われているので生活が苦しい)見せびらかしたい気持も分からぬではないが高速で競争するくらいならついには発砲されてもしかたがないくらいの覚悟はもて! 他人の頭でしかものごとを考えることのできない人間にはわたしのこの駄文はぜったいに理解されることはないだろう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-09-27 22:52 | ブログ
<< 困ったことに妻はヨン様ファン タクシー乗務明けのきょう >>