サイト管理者逮捕はいい気味だ

 讀賣新聞夕刊1面トップは「殺人請け負い サイト管理者逮捕へ 救急隊女から「調査費」名目 165万円詐欺容疑」。じつに痛快。やったね警視庁。わたしの情報も少しは役立っているのかも知れない(コレは嘘)。
 ついでながらサイト管理者逮捕とはまったく関係ないが「よみうり寸評」にダイオウイカのことが書いてある。日本の科学者のチームがその生態撮影に世界で初めて成功したらしいのだ。「ダイオウイカと言えば全長16メートルの死体が海面に上がったこともある」そうだ。
 それにしてもイスラエル船籍の大型コンテナ船「ZIM ASIA」号はけしからん。わたしは朝鮮もチャンコロも嫌いだがユダヤもどうしても好きになれない。頭に変な皿をかぶせたりなんかしちゃってハリウッドを牛耳っているらしいが月夜ばかりとは限らない。日本政府が強い姿勢でこの海難事故にのぞむことを期待する。
 讀賣新聞はきょう(10月3日)は3つもおもしろい記事を載せている。朝日新聞の購読者のみなさんは急いで讀賣に乗り替えるといいですよ。それにしても朝日の社屋で自殺した野村秋介氏のご子息の消息がつかめない。こうなったら自分で連絡先を探し出すしかないだろう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-10-03 19:49 | ブログ
<< 「哲学すること、それはどのよう... 加藤廣『信長の棺』(日本経済新... >>