経緯を「いきさつ」と読むのがおもしろい

 三省堂『新明解 国語辞典第六版』によれば(わざわざよらなくてもいいが)「経緯」(けいい)は「経線と緯線」とある。NHKラジオの天気予報で「東経何十度、北緯何百度には発達した低気圧があり…」というのを聞いたことがある人は少ないだろう。
 「チークタイム」というのを知っていますか。わたしが高校を卒業した1966年(昭和41年)ころディスコがはやった。わたしは実力もないのに東大の文学部をうけて見事に落ちた年。福岡の英数学館(あの有名なミュージシャン井上陽水氏(福岡県糸田の出身)は翌昭和42年から何年間かこの予備校に籍を置いたらしい)に通っていた。いまは絶交している松本廣がディスコ狂いで博多駅前のなんとかいうディスコにさそわれて2度ほどわたしも足をはこんだ。
 さ、そこでなぜチークタイムか。日本経済新聞「NIKKEIプラス1」の17面に家庭用プラネタリウムの記事がある。そのなかに「というわけで、スイッチオン。ま、豆電球ひとつなわけだから文句は言えないが、第一印象は、昔のディスコのチークタイム」という稚拙な一文がある。わたしは喫茶店でここを読んで思わずほほえんだ。「チークタイム」ねぇ。今の若い人には分からないだろうよ。要は、ディスコで30分おきくらいに電灯が消えスローテンポの曲が流れ、その間男女が抱き合えるのが「チークタイム」。田村正和似(と本人だけが思っていた)の松本は主観が強すぎて女にもてないのでナンパ目的で駅前のディスコに誘われたわたしの迷惑がみなさんには理解できますか。ホームページをやってあることないことわたしの名前に便乗して書いているようですが2ちゃんねると思ってみなさんは好き勝手なことを書き込んでみてください。
 いよいよ本題。カーナビに経緯を打ち込むと即座に地図にその場所が現れる。これはすごいことだ。そこにミサイルぶっぱなせばイラクに平和が訪れると考えたアメリカ国防総省はすごい。ベトナム戦争以来の泥沼に足を突っ込んでいいざまだ。わたしはいま東経139度41分51秒、北緯35度53分02秒にある家賃10万円の家にいてこの記事を書いている。北朝鮮はテポドンをこの地点に打ち込んでくるだろうか。パチンコ屋もまさかそこまではしないだろう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-10-08 21:57 | ブログ
<< わたしは阪神タイガースファン 霞ヶ浦のギンブナ >>