わたしは阪神タイガースファン

 2年まえ手術をうけたあと無事生きていたらテレビで日本シリーズ(阪神対ダイエー)を見ようと楽しみにしていた。手術は7時間にも及んだらしいがわたしは麻酔で眠っていたので分からない。翌朝(シリーズ開幕の日)目が覚めたら痛いこと痛いこと。つきそっていた妻に「お前がそばにいるから痛いのだ。早く帰れ! 」と無茶苦茶なことを口走ったことを覚えている。
 シリーズ第一戦を痛み止めの座薬を入れてもらって見はじめたものの阪神が不利になったら痛さが倍増。すぐに病室のテレビを消した。ダイエーの優勝が決まるまで同じことのくりかえしだった。
 2年ぶりの阪神のリーグ優勝で今年こそシリーズに熱中するぞという思いが強い。相手はソフトバンクよりもロッテの方が面白そう。おととしはふくおか映画塾のために小笹のマンションにいた。福岡ドームのチケットを手に入れる苦労をするまえにガンを宣告されてしまったのだがことしは千葉まで行くことはたやすい。あす(10月12日)からのパリーグ、プレーオフ第2ステージに注目している所以(ゆえん。意味の分からないブロガーは辞書を引いてください。そんな労もおしい人はお願いですからこのブログの存在を忘れてください)です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-10-11 09:01 | ブログ
<< 雑誌「中央公論」と「en-ta... 経緯を「いきさつ」と読むのがお... >>