マスコミについて思う

 たとえば登校途中の生徒の群に車が突っ込む。何人が死に何人が重軽傷とか報じられる。テレビで見ているわれわれは「わたしじゃないものね。ぼくじゃないもの。それにしてもかわいそう。業務上致死かなにか知らないが人権を無視した犯人は許せない! 」せいぜいがそんな感想をもつうちに天気予報などに画面が変わったりする。
 いつも思うのは「死んだ誰々さんはボーッとしていたから車にひかれたのでしかたがない。逮捕された人こそ被害者です」などと報道することがあってもいいのではないかということ。こんなことを考えるだにお前は非国民だとののしられるに決まっている。
(こんなことを書くとエロブログとスソワキガ主催サイトがかならずトラックバックしてきます)
 何日か前あさ女子高生をマイカーで送ってきた自営業らしき♂とトラぶった。浦和駅東口のタクシープールに入ろうとするわたしをこの馬鹿がブスの娘を降ろすためにさえぎったのでわたしは軽くクラクションを2回鳴らした。それでもこの変態親爺は車を動かさない。ジーッとバックミラーごしにこちらを見ているではないか。わたしがハッとする間もなくこのスメグマ男は車を降りてきた。一瞬恐いのでどうしようとためらったがわたしも男。すかさずタクシーを下車した。このスメグマは朝飯になにを食ったか知らないが臭い息が臭うところまで不細工なツラをわたしによせてきて強がってみせるではないか。わたしは恐怖で足が震える。しかしここはくそ度胸。目をそらせてもう1度このアホにさっと目を向ける。「やってみろよ! 」とちょっとすごむと「誰がッ! 誰がお前みたいな小者と」とか捨てぜりふを残してあたふたと逃げ去った。仲間と思っていた運転手ども(10人近くいた)はみな知らぬ顔。こいつらどうしようもないぜ。雲助どもが。(連帯を求めて孤立を恐れず)
 そして3日まえの夜、岩手県から出稼ぎできているよその会社の運転手がわたしと同じ状況になった。三菱のリコール対象車とおぼしき車に乗った馬鹿者はわたしのように車を降りる勇気のないこの出稼ぎ運転手になぐりかかろうとした。わたしはすばやくタクシーから出てリコール男に攻撃を仕掛ける体勢になっていたがガッツ石松似のこの出稼ぎ運転手はタクシーのドアを内側からロックしておもてに出ようとしない(だったらクラクションなんか鳴らさなきゃよかったのに。情けない奴だ)。白けたわたしは高みの見物と決め込んだ。三菱♂はいっぱつ出稼ぎを殴ったらすぐに恐ろしくなったらしく三菱パジェロからいさましく火をふきだしながら(この部分はウソです)慌てて逃げた。そのあと別の会社の日光サル軍団がわたしともなくわたしに「見ているだけじゃ駄目だよ。みんなであいつを取り囲んでやっつけなきゃ」と車のなかにいるままほざく。わたしはそのサルに不気味な笑いをむけて「そうですよね」と言ってこの場は幕。
 読者のみなさんこのシーンが頭に描けますか? イメージできますか? この拙い文をよんでみなさんが場面を想像することができるようならシナリオはこんな風に書けばいいのだという自信がわたしにもつくのですがいかがでしょうか?
 嗚呼(ああ)! わたしは死に場所をもとめて血が騒ぐのですよ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-10-17 21:24 | ブログ
<< 三島由紀夫『中世に於ける一殺人... まじめなトラックバックはとても... >>