「今市市もイマイチのまちなので…」

 和歌山かどこかの市長が市議会で「口がすべった」らしいが、わたしはわびる必要などなかったのにと思う(市長の発言をわたしは新聞で知ったとき愉快で笑ってしまいました)。京都・宇治市の進学塾での殺人事件は、犯人(わたしの長男と同じ歳)は「いい大学に進めばいい人生が送れる」という幻想を否定したかったのではないだろうかと愚考する。花束をささげる生活習慣病に脳をおかされた塾通いのガキの、あわれな母親たちの姿をテレビで見ていてそう確信した。
 強度偽装問題について言えば、マンション購入を見合わせる連中が増加しているようだ。住居は借家がいちばん。持ち家など夢に描かず崩れゆくわが日本をどう立て直すか老いも若きもゆっくり考え直すのにいい機会なのではないか。フジテレビ「報道2001」に馬淵澄夫とかいう民主党のアホな国会議員と手柄顔のイーホームズの痴呆・藤田東吾がでていたが「ソウケンさんが…」とか組織をさん付けでまだよんでいた。馬鹿は死ななきゃなおらない。
 わたしは発泡酒を飲んでいるとばかり思っていたがスーパーで見てみると発泡酒よりも更に安い第3のビールをずっと飲んでいたと分かった。安酒を飲んで記事を書くと筆のすさびがさらに加速するようだ。お許しください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-12-11 19:54 | ブログ
<< 佐々木力『数学史入門――微分積... 愉しい宵のひととき >>