JR東日本の社長は謝罪する必要があるのだろうか?

 NHKはあいかわらず不愉快な報道をする。山形県庄内の脱線事故で5名の方がなくなった。ご冥福をお祈りします。
 気象が原因で起きた事故なら社長は「申し訳ありませんでした」と言うより「お気の毒でした」とコメントすべきではないのか? サラリーマン社長だから仕方がないのだろうか? わたしがJRの社長なら賠償金も含めて気の毒と感じてテレビで談話など発表せずにかげで黙って出来るだけのことをするのだが。
 きのう(12月28日)ショックだったことは、あの姉歯が木村建設の醜男のハゲから脅かされる前に偽装をしていた疑いがあるという報道をラジオで聴いたこと。偽証罪で訴えられる恐怖を押し殺してあの鬘は国会で嘘を言った。強度偽装問題はまだまだ広がり、ことの重大さはそうとう奥深い。ヒューザーの小嶋が国会議員の名前を正直に何人あげられるか、年明けそうそうのわたしの関心事だ。
 賄賂をもらった議員にはそこまで肝っ玉のすわった奴はいないのだから偽装マンションを買わされたヤツの誰かが年内に小嶋を殺しに行かないだろうか。せいぜい懲役2、3年ですみますぞ!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-12-29 19:43 | ブログ
<< 『マンガ微積分入門』を見終わった 入門書を2冊買った >>