『「崔洋一監督」の握手を拒んだ「山田洋次監督」』(週刊新潮3月9日号)

 早朝、米をとぎみそ汁をつくるあいまに新聞の広告を見る。きょうは「週刊新潮」と「週刊文春」の発売日。朝日新聞13面を見ると「民主崩壊」メールという見出しが目にはいり、「週刊新潮」を買うのは今週は見送ろう。さて文春は、とページをめくろうとしたら、「TEMPO」の下にある小さい活字「崔洋一監督」の握手を拒んだ「山田洋次監督」に目がとまる。文春はやめて新潮を近くのコンビニで購入した。
 この記事は同誌189ページにあった。2月26日に開かれた日本映画監督協会の70周年祝賀パーティでの模様を伝えている。このパーティに出席しなくてよかったとつくづく思う。ちなみに2月28日付けで監督協会を脱退したがわたしのとった行動は正しかったと改めてこの記事を見て確認した。
 さらば! 日本映画監督協会。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-03-02 08:45 | ブログ
<< 梅田望夫『ウェブ進化論 ――本... 深作欣二監督からいただいたお言葉 >>