心臓の一部が動いていない!

 心臓発作をおこして丸5週間。医者でエコーを見せて貰った。心臓の筋肉を動かす一番だいじな血管が詰まったのでその部分がダメージを受けたのだそうだ。モニター画面ではその部分が動いていないのがわたしにもはっきり分った。ショックだった。タバコをやめていればもう少し回復したかも知れない。わたしはどうすればいいのか?
 あと2本のどちらかの血管が詰まれば先生の説明ではわたしはただちに御陀仏するようなのだ。摂生して生きのびるべきか、いっそひと思いにこれが寿命だと諦めるべきか。タバコをバカバカすって発泡酒850㍉㍑を飲み豚骨チャンポンを食べて思案に暮れている昼下がりなのですよ。
 ヒッチコックは製作年順で記すと
『恐喝(ゆすり)』1929年
『暗殺者の家』1934年
『三十九夜』1935年
『間諜最後の日』1936年
『サボタージュ』 〃
『第3逃亡者』1937年
『バルカン超特急』1938年
『レベッカ』1940年
『断崖』1941年
『ロープ』1948年(この年の3月16日にわたしは生まれた。もうすぐ58歳です)
『裏窓』1954年(早生まれなので小学校に入学しました)
『知りすぎていた男』1956年
『めまい』1958年
『北北西に進路を取れ』1959年
 以上14本(以下の2作品をあわせると16本になる)をこのところの静養中に見ました。

『サイコ』1960年(何年かまえに見ている)
『鳥』1963年(中学3年生だっただろうか、飯塚市にあったセントラル劇場でアルフレッド・ヒッチコック作品をわたしは生まれてはじめて見たのだ)
 『トリュフォー映画術ヒッチコック』(晶文社)を座右に置いて死ぬまでにあと14、5本は見るつもりです。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-03-13 14:14 | ブログ
<< 茨城県のK.T.君からのメール 梅田望夫『ウェブ進化論 ――本... >>