アインシュタインとフランケンシュタイン

 両者には名前のうしろの方が似ているというだけで何の関係もない。だが、わたしはいつも混同してしまう。
 数日前本屋で『フランケンシュタイン』(1931年、監督:ジェームズ・ホエール)のDVDが平積みしてあるのを見た。さっそく家で『外国映画ぼくの500本』(文春新書313)をしらべる。双葉十三郎氏のリストにこの映画はあった。3月28日の午後部屋を薄暗くし画面を止めたりなんかしてじっくりと鑑賞。
 ジェームズ・ホエールという監督はこの2年後(1933年)『透明人間』を撮っている。この作品をわたしはすでに見ている。双葉氏のリストにある『ショウボート』(1936年)という映画はどんな映画なのだろう。氏のコメントをDVDを見る前には読まない。
 『ヤング・フランケンシュタイン』(1974年、監督:メル・ブルックス)というのがあった。日本公開時点ではフランケンシュタインの「パロディ」というので馬鹿にしてみなかった。双葉氏が「美術が凝りに凝っており、ジェームス・ホエール監督の決定版とウリ二つの実験室が再現されているのもうれしい」というのを目にした。さっそく昨日レンタルビデオ屋で借りてみた。むかし馬鹿にしたりしてあの時見なくて損をした。反省。
 DVDの特典メーキングでジーン・ワイルダー(脚本、主演)が『フランケンシュタインの花嫁』のことを言っていたのでこのDVDはホームセンターにあったのでさっそく買いに行くつもり。
 別件だが石沢英太郎の『視線』(たしか推理作家協会かなにかの受賞作)はヒッチコック『裏窓』をヒントに書かれたに違いない。映画『裏窓』でジェームズ・スチュワートのアップを見ながらわたしはそう確信した。石沢氏にお目にかかってお尋ねしたくとも氏はすでに故人。残念。ちなみに氏のベストテンは1位がこの『裏窓』2位は忘れた。3位が『ダイヤルMを廻せ!』。この作品はDVDが安く発売されていないので図書館のビデオを借りてみた。
 わたしは死の恐怖と闘いながらヘーゲル『エンチュクロペディー』(樫山欽四郎、川原栄峰、塩屋竹男訳)を拾い読みしたりDVDを見まくったりして家で静養している。ハタ目にはこんな優雅なことはないに違いない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-03-31 08:49 | ブログ
<< ゲーリー・クーパーはかっこいいです いまNHK「テレビとネット・ア... >>