ピーター・ローレを知っていますか

 ヒッチコックの『暗殺者の家』でローレをはじめて見て誰かに似ていると思った。浦和駅東口でときどき見かける脚のわるい知恵遅れの男にそっくりなのだ。ローレは『間諜最後の日』にも出ている。さっき『ヒッチコック映画術トリュフォー』(晶文社、山田宏一 蓮實重彦訳)で確認した。
 きょう図書館で『M』(1931年、監督:フリッツ・ラング(ランクかラングか、よく分からない))のビデオを借りてきた。ピーター・ローレが元祖宮崎勤みたいな少女殺人犯を演じている。俳優として素晴らしい。
 『ヒッチコック映画術トリュフォー』(76ページ)から引用させて貰おう。
H(ヒッチコックのこと。横山の注釈) …『暗殺者の家』でわたしがどうしても使いたかった俳優は、暗殺団の首領を演じたピーター・ローレだ。彼はフリッツ・ラングの『M』に出たあとだった。『暗殺者の家』が彼のはじめてのイギリス映画出演になった。ピーター・ローレというのはおそろしく強烈なユーモア感覚の持ち主だったな。チビのくせに、ひきずらんばかりに長い裾の外套を着て歩きまわってね、まるで外套が歩いているみたいなので、みんな彼を〈歩く外套(ウォーキング・オーヴアコート、ルビ)〉と呼んでいたものだったよ。
T(トリュフォーのこと) 『M』という映画をごらんになりましたか。
H 見たことは見たんだが、あまりよくおぼえていない。たしか口笛を吹く男が出ていなかったかね?

T ええ、出ていました。それがピーター・ローレです!
 どうです、みなさん。『M』やヒッチコックを見たくなりますでしょ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-04-07 23:24 | 映画
<< アメリカ映画脚本ベスト101 『暗黒街の顔役』を見てブッ飛んだ >>