同僚のタクシー運転手が自殺した

 どうにもやりきれない気持。タクシー運転手とヤクザは自殺しない人種だという固定観念がわたしにはあったが彼らといえども人の子。逃げ出したい気持になることはあるのだろう。
 Y.H.さんというのかM.H.さんというのか名前の読み方が分からない。この57歳の同僚は元歌手らしい。2、3度話したことがある。彼の担当車は65号車。わたしも1度乗ったことがあるが車内が香料の匂いで臭い。頭が痛くなるくらい臭い。他の運転手から消臭剤をかりたがついに匂いは最後まで消えなかった。数日後Hさんから「俺の車が臭いと言っているらしいな」とクレームがついた。誰がチクリやがったのか面食らったが「お客さんからそう文句を言われたと言ったまでですよ」とあわてて弁解した。その後彼のわたしに接する態度は以前とかわりなかったのでいずれ彼の車の匂いについてこちらから切りだそうと思っていた。
 Hさんのご冥福を祈る。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-06-19 20:40 | ブログ
<< きのうウォルター・ヒル監督の『... ジュールス・ダッシン『街の野獣... >>