秋が近づき創作意欲がわいてきた

 『我が秘密の生涯』という本を知っていますか(知らない人はグーグルで検索してみたらいいよ)。いま58歳5ヶ月のわたしは55歳でガンになりことしは心筋梗塞。いつ死んでもおかしくない。そこで虚実おりまぜて我が秘密の生涯を書いてみようと思い始めた。いくら嘘をまぜてもさしさわりがあるので誰にも読まれない誰にも読ませないようにパソコンでこっそり書くのがいいだろう。
 フランツ・カフカは友人に読んだら原稿を消却してくれるように頼んで死んだらしい。原稿を渡された友人はカフカとの約束をやぶってカフカの作品を世間に発表した。カフカの『城』を高校の図書館で借りて読んで(自慢ではないが読了はしていない)この分裂病の文豪の魅力にわたしはとりつかれた。
 でわたしの「我が秘密の生涯」。パソコンにこっそり書きためて誰にも知らせない。わたしが死んだらそれでおしまい。愉快だ。わたしの映画も撮影は金がないのでできなくてもシナリオにはできる。書きたいものは『生きてゐる小平次』のほかにも何本かある。
 やはりすべて手書きで書きたい。パソコンはルビをうったり印刷のレイアウトをきめてデータとして保存するだけの清書用。この前みたいにハードディスクがクラッシュしたらそれまでだ。それでいい。
 なにをするにもわたしは道具立てから入る。いまほしいのは「一太郎 文藝」。しかし高くて手が出ない。毎日悩んでいる。数日中にどうすれば買えるか方法を考える。窓外に虫の声を聞きながらこの記事を書いているのだが暢気でいいなと皆さんどうか羨んでください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-08-31 21:43 | ブログ
<< 心臓の動きを見ていじらしくなった 少子化の時代なのに幼い子たちが... >>