心臓の動きを見ていじらしくなった

 きょう心筋梗塞をおこして以来見てもらっている近所のクリニックに行った。エコーで心臓の動きを見せてもらった。先生の説明で前回は60パーセントしか動いていないと知ってがっかりしたが今回は80パーセントくらいまで回復しているとのこと。素人目にもたくましくうごくのがはっきり分った。
 胃は三分の一しかない。心臓は八割方に回復したもののこれ以上は望めないらしい。トライアスロンやマラソンは絶対にやってはいけませんよと釘を刺された。どうやらすぐに死ぬことはないと確信がもてた。
 図書館に予約していた『鷲は舞いおりた』(原作:ジャック・ヒギンズ、監督:ジョン・スタージェス、主演:マイケル・ケイン、1976年イギリス)をとりにいき昼寝をはさんで半日がかりで見る。小説はどうか知らないが主人公が「犬死」する映画はどうもいただけない。音楽がよかった。甘く見ていたがジョン・スタージェスという監督はどうやら研究する必要がある。双葉十三郎氏推薦の『OK牧場の決闘』『老人と海』(この2本はたしかむかし見たはずだが)『墓石と決闘』をなるべく早いうちに見よう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-09-02 20:44 | ブログ
<< 本の読みかじり 秋が近づき創作意欲がわいてきた >>