朝シナリオ『砂の女』を読み夜『OK牧場の決斗』を見た

 原作者が自分の書いたものをうまく脚色できるのだろうか? こだわりが強すぎて視覚化するのは難しいのではないか。それはわたしの杞憂であった。何十年ぶりかに映画『砂の女』をDVDで見るのを楽しみにする。安部公房はやっぱりすごい人だった、ときょう初めて認識した。不明を恥じている。
 監督ジョン・スタージェスは侮りがたい。わたしの資質から考えると彼のような職人監督を目指すべきだったのかも知れない。そんなことを言ってももう遅すぎるのだが。『OK牧場の決斗』の後日談、『墓石と決闘』を見ずに死ねるか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-09-24 20:50 | ブログ
<< ついに『砂の女』のDVDと『複... 安部公房『砂の女』を読んだ >>