気になる文庫

 東京新聞9月27日3面広告で知ったが「ハヤカワ演劇文庫」というのが創刊したらしい。ニール・サイモンⅠ、アーサー・ミラーⅠが第一回配本。手にしてぱらぱら見てみたい。新潮文庫、阿部龍太郎『信長街道』もどんなものか知りたい。きょうの産経新聞2面の広告文面は「革命児の事跡から、作家がその人物像を探る歴史取材紀行」。本屋に行きたかったが果たせなかった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-10-02 20:08 | ブログ
<< 気になる本 ついに『砂の女』のDVDと『複... >>