先週検査入院した

 2月7日早朝心筋梗塞をおこして救急車で運ばれた。その後養生してだいぶ心臓の動きが回復したが、ステントをいれた部分がまた塞がっていないかを検査した。結果は血はちゃんと流れているとのこと。ふつうの運動をしてもさしつかえないと言われた。
 いつ死んでもいいと頭のてっぺんでは思っているつもりだがやはりいざというと死ぬのは怖い。「病院にたどり着く前に救急車のなかで死んでしまう人もいますからね」と医者が言うようにわたしは運がよかった。つまり今度はそれっきりあの世行きということはじゅうぶんありうるし覚悟しておかねばならない。
 いまのわたしは日々充実して過ごしたい。これだけ。分からないがあと半年か1年くらいは生き延びられそうな気がしてきている。人生のアクセルをもう少し踏んでみよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-10-22 10:38 | ブログ
<< 『48時間』と『レッドブル』を見た どうしても「上泉伊勢守」を読み... >>