早いもので死にかかってからもうすぐ丸1年

 昨年2月7日の朝心筋梗塞でわたしは病院に救急車で運ばれた。「(病院に来る)途中で死ぬ人もけっこういますよ」という医者の言葉が耳の奥からはなれない。わたしは運がいい。順調に回復して心臓も発作まえの8割がたは動いているそうだ。「心臓がこの辺にある」ことも忘れる日常を送れるようになっている。
 死にかかったのに元気でこうしていられる。わたしの寿命は神さましか知らないが甲斐のある日々を送りたいと毎日念じている。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-02-01 18:24 | ブログ
<< Googleのトップニュースは... 『ある殺し屋』(監督:森一生、... >>